インプラント

Implant


インプラントとは?

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、これを土台として人工の歯をかぶせる治療方法です。


インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントは、顎の骨と強固に結合するため、天然の歯と同じように咬むことができます。また、耐久性も高く、適切なメンテナンスを続ける事で、数十年に渡って使用し続けた例もあります(上部の人工歯は、定期的に取り替えが必要になります)。

一方で、インプラントのデメリットは、保険適用ができない点と、手術が必要な点、治療期間が比較的長い点などが挙げられます。


当院のインプラント治療について

治療の流れ

基本的な流れは「初診の流れ」もご確認ください。

1

カウンセリング

当院では、治療の前にカウンセリングを行い、歯の欠損が起こった背景や生活習慣、ご希望の治療方針など、詳細を確認させていただきます。気になっている事や不安な点などがございましたら、お気軽にご質問ください。

2

精密検査

インプラントは顎の骨に埋め込むため、神経や血管を傷つけるリスクが避けられません。その対応のため、当院では歯科用CTにより、手術箇所の細部まで詳細に把握をするように努めます。

3

治療計画の説明

カウンセリング内容と精密検査の結果を踏まえ、当院の考える最適な治療プランを提示いたします。先述したように、インプラント治療には多くのメリットもデメリットもございますので、状況によっては入れ歯などの別治療方法を提案させて頂く場合もございます。治療計画については、資料化しておりますので、お持ち帰り頂く事ができます。

4

一次手術

インプラントは、一次手術と二次手術の合計2回行います。一時手術では顎の骨にインプラントを埋め込みます。当院では、サージカルガイドという補助道具を使って手術を行います。これを使用する事で、狙った箇所に確実にインプラントを埋め込む事が可能になります。

5

二次手術

一次手術後、数ヶ月の治癒期間を起き、埋め込んだインプラントと骨の結合が確認されてから二次手術へ入ります。二次手術では、歯の土台部分にあたるアバットメントの取り付けを行います。この時、インプラントの頭を出すため、歯茎を少し切開します。

6

人工歯の取り付け

二次手術後、歯茎の傷が癒えた事を確認してから、歯の型取りを行い、患者さんにあった人工歯の作成を行います。人工歯の装着の際は、手術は必要ございません。

7

メンテナンス

手術終了後は、定期的に歯のメンテナンスを行っていただきます。メンテナンスを怠ると歯茎が痩せてしまい、埋没したインプラントが抜け落ちてしまう可能性もあります。インプラントを長く使い続けるためにも、忘れずに受診を続けましょう。